虫歯・歯周病になる前に【予防歯科】

  • 文字サイズ
  • 大
  • 小

Hirana Dental Clinic
予防が大切であることを理解しましょう

予防が大切であることを理解しましょう

武蔵浦和の歯科医院「ひらの歯科クリニック」では虫歯・歯周病を事前に予防する予防歯科に注力しています。虫歯や歯周病は初期の自覚症状はうすく、痛みを感じた時には症状は進行しています。「痛い」と思った時に歯医者に行くのでは遅いのです。虫歯や歯周病をきちんと予防するためには、痛くなくても歯科医院に通い定期的な予防処置を受けるようにしましょう。

予防歯科プログラムの流れ

【スタンダードケア(基本検診、初期治療)】
(1) 問診
患者様の主訴や生活習慣を把握します。
(2) 口腔内検査
初診、触診、虫歯検知器、ポケット探針などで虫歯や歯周病の進行状態を位相差顕微鏡を使用して検査します。
(3) レントゲン撮影(必要な方のみ)
歯と歯の間の虫歯や歯を支える顎の骨(歯槽骨)の状態をチェックします。
(4) プラーク(歯垢)の染色
染め出しによりプラークのつき具合を調べ、口腔内の状態を説明します。
(5) TBI(ブラッシング指導)
ホームケア実践のため、専門家による「ブラッシング」「フロッシング」を指導します。
(6) スケーリング(歯石の除去)
「スケーラー」という器具でプラーク、歯石、付着物を除去します。
【予防ケア】
(7) PMTC(Professional・Mechanical・Tooth・Cleaning)
自分ではきれいにしにくい歯の境目や 奥歯の裏側、歯肉縁下の歯垢も除去でき、虫歯・歯周病の予防ができます。クリーニング後は歯の表面を研磨し、さらにフッ素コーティングをすることでツルツルの歯になります。
【ホームケア】
自宅で行う毎日のケア。基本検診で指導したホームケア方法を実践していただきます。
ブラッシング……毎食後の正しいブラッシングを心がけましょう。
フロッシング……歯と歯の間、歯ぐきの境目をデンタルフロスや歯間ブラシで掃除しましょう。
フッ素の使用……フッ化物による洗口、フッ素入り歯磨き粉の使用などフッ素を積極的に取り入れましょう。

当院で行う予防歯科

プロによるお口のクリーニング(PMTC)

プロによるお口のクリーニング(PMTC)

どんなに丁寧に歯みがきしても、みがき残しはできてしまいます。とくに歯と歯茎の隙間には歯ブラシが届きにくく、歯垢が溜まりがちです。そのような歯みがきでは落としきれない歯垢まで取り除くのが「PMTC」です。専用機器を使い、歯肉縁下のバイオフィルム除去によって、歯を隅々まできれいにすることができます。

プロによるブラッシング指導(TBI)

プロによるブラッシング指導(TBI)

歯の位置や年齢によって適したブラッシング方法は変わってきます。自己流のブラッシングではみがき残しが出やすくなってしまうこともあるでしょう。正しいみがき方を身につけるためにぜひ受けていただきたいのがTBI(Teeth Blushing Instruction)です。歯のプロである歯科衛生士が、患者様に合ったブラッシング方法を指導します。TBIで毎日の歯みがきをより効果的なものにしましょう。

フッ素を塗布する

フッ素を塗布する

フッ素には、歯を強くする効果があります。フッ素を歯に塗布することで、歯の表面のエナメル質が虫歯菌によって溶かされるのを防ぐことができ、虫歯予防につながります。

顕微鏡検査で詳細に分析

顕微鏡検査で詳細に分析

当院では、歯周病菌などの細菌の状態を確認できる光学顕微鏡「位相差顕微鏡(いそうさけんびきょう)」を使った歯周病検査を行っています。口腔内にある歯垢を少し採取するだけで細菌の状態や歯周病になりやすいかどうかなどを確認することが可能です。動画ソフトを使い顕微鏡の映像をコンピューター上に映し出し、実際の様子をお見せいたします。

定期的な予防歯科を

定期的な予防歯科を

PMTCで汚れを除去できたとしても、きれいな状態が永久に続くわけではありません。時間の経過とともに歯垢は溜まり、そのままにしておくと虫歯や歯周病になってしまうかもしれません。いつまでも健康な歯でいるためには定期検診で歯の様子を見てもらうことが必要です。虫歯・歯周病がないか、歯科医師や歯科衛生士のチェックをうけましょう。

PICK UP 7人の歯科衛生士がサポート
当院では予防処置に力を入れるために、7人の歯科衛生士(内常勤4名)が在籍しています。患者様一人ひとりに向き合った、よりきめ細やかな処置・トリートメントを実現できます。

虫歯・歯周病になる前に予防歯科を受診しましょう! 予約ページはこちら

求人情報